2009年11月20日

遊休農地復活プロジェクトUその後

おやっとです。更新、お久しぶりです。すいません(汗)さて、開墾の方ですが、順調に・・・とは行きませんでしたが、何とか作物を栽培するまでにはなりました。やはり当初の予定どおり「ぬるい開墾」ではありませんでしたねぇ。皆、後悔の言葉と愚痴をこぼしながら、馬鹿な自分達を慰めるために頑張りました。あの地獄の刈払い作業からはじまり→雑木の撤去作業→天地返し→耕起→耕云→堆肥投入→肥料散布→畝たて→大根の播種と、、、ざっと書きましたが、KLFメンバー、我が仕事そっちのけで作業してくれました。本当にありがとう。地域住民の皆様も本当にキレイになったと感動しており、我々の作業中に足を止めて感謝の言葉をかけてくださる方も大勢いらっしゃり、かなり苦労したけどもやった甲斐はあったなぁと。。。感じております。ただ、後から分かった重大な事実があります。それはこの土地は産業廃棄物の投棄場所になっていたのではないか?という疑いです。見た目では分からなかったのですが、天地返しをして見てビックリです。ゴミや建設廃棄物など多量に投入されており、取り除くのにかなり苦労しました。結構、拾い出しましたが、今でも石がかなり多くて困っております。開墾して分かった事はやはり農地は大切にしないといけないという事です。じゃないと土地を開墾してきたご先祖さまに申し訳ないです。農地されど農地、軽い考えで借りたり貸したりするもんじゃないという事が身にしみて分かった今回の開墾でした。まだ、第一ステップですが、我々が利用していく過程で少しずつ、良い農地に戻していこうと思います。ちなみに今度の鹿屋市農業まつりにおいて、この農地で栽培した白菜を売る予定です。買ってくださいね!



〜農地復活までの道のり〜

DSC01208.JPG
竹や蔓の残骸。切っただけで見た目スッキリに。

DSC01214.JPG
残骸の除去。byたつみ&まこと

DSC01222.JPG
天地返し。この時に建築廃材などが出てきて、適正な農地でない事実が明らかに!ちょっとショック。

DSC01227.JPG
天地返し後、石やシラスが多い。


DSC01231.JPG
耕起。byたーきー。

DSC01241.JPG
ロータリ。byたーきー。シラスエリアが目立つ。本当に作物が育つのか?

DSC01266.JPG
地味で先の見えない作業。その名も「石ころ拾い」。by仁。拾っても拾っても出てくる石ころにウンザリ。

DSC01268.JPG
肥料散布。byひさごん。

DSC01275.JPG.DSC01285.JPG
土壌消毒から畦たて、種まき。仁、この日は大車輪の大活躍。

IMAG0032.jpg
大根が芽を出したよ!感動!

IMAG0065.jpg
現在の様子。

このプロジェクトに賛同して下さり、多大なご協力をして下さった「北郷建設」様。
大隈地域振興局農政普及課N様にA様。
また、我々に暖かい声をかけて下さった地域住民の皆様。
本当にありがとうございました。

posted by ライトファーマー@ at 02:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆうちゃんの記事
この記事へのコメント
ゆうちゃんアップありがとうm(__)m
大変だった分、喜びが大きいね!

そして何より、
たくさんの時間と労力を費やしたけど、
みんなの地道な取り組みで今があるんだよね〜。

お金じゃ買えない価値がある by KLF
なんつって!感動ing!
Posted by じん at 2009年11月24日 16:46
やっぱり、じぶん達で手を沢山かけた土地なら愛着もわくし、大事にしようと思うよね。色々と苦労したけど、それも後から笑い話になったり、楽しかったよね。お金じゃ買えない価値。。。感動。それに思い出や経験だと思います。勉強になりました。


ちなみに農業祭で売った白菜、見事に完売しました。お買いあげのお客様ありがとうございました。
Posted by KLF@ゆうちゃん at 2009年11月24日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33745719

この記事へのトラックバック